夢のような話。そしてまだ夢はつづく。

毎日ブログ1726日目。

 

 

こんな顔がみたかった。

 

 

 

 

そう思っていました。

 

 

 

 

プロサッカー選手

ジュビロ磐田・山田大記選手

カラダメンテラボKINEに

遊びに来てくれました!!

 

 

 

小学3年生から高校3年生の

うちに定期的に来てくれている

サッカー少年と野球少年。

(後輩がコーチをしているサッカーチームから数名。)

これ以上は入れないくらいの

子たちが山田選手に会えるのを

楽しみにしていました。

 

 

 

 

 

この中には、

ケガをしてしまって長期離脱している子。

 

小学校の頃はうまくいかなかったけど

中学で自信をつけて来た子。

 

小中学校は調子がよかったけど

高校では思うような結果を

出せない子。

 

ケガを乗り越えて選抜に選ばれている子。

 

技術はあるけどメンタルが弱い子。

 

トレセンに落ちて、落ち込んでいる子。

 

セレクションに落ちて

次のセレクションでは頑張るぞ!!

って思っている子。

 

気分がいいときは、お母さんの言葉に

耳を傾けられるけど気分が悪いと

その言葉をシャットアウトしちゃう子。

 

 

中学ではサブだったけど

高校で大活躍している子。

 

 

お調子者で人当たりが良くて

いいやつだけど

コツコツやることが苦手な子。

 

 

 

 

いろんな子がいます。

どの子もそれぞれのチームでの

立ち位置や自分の今の状況から

山田選手の話の伝わり方は

随分と違ったのではないかと思います。

 

 

 

 

山田選手には

サッカーをはじめた頃の話。

 

小学年代、全国優勝してナショナルトレセンにも

入って調子のよかった時代。

 

中学年代、トレセンどころか

チームの試合にすら出れない挫折の時期の話。

 

高校時代、サッカー選手としての

自信を取り戻し、そして

人生における一番悔しい敗戦の話。

 

 

ケガで離脱した時の話。

そのケガによって得たメンタリティ。

そしてケガによって武器が増えた話。

 

 

大学時代、プロサッカー選手になる。

という夢が現実帯びて来た時の話。

 

ジュビロ磐田に加入し

10番をつけた時の気持ち。

「プロ」を体感した時の話。

 

いろんな葛藤の中から

ドイツに移籍した時の話。

そこでの一番嬉しかった

ゴールの話。

ドイツと日本のサッカーの違い。

 

 

海外挑戦から

ジュビロに復帰する際の話。

 

 

そしてジュビロに復帰後

これからの話。

 

 

 

少年たちに丁寧に

包み隠さず話してくれました。

 

 

 

 

 

その山田選手の空気に

彼らも応えていました。

きっと学校の授業より

集中していたでしょう。

 

 

 

 

 

それぞれに受け取った言葉。

その解釈は違うだろうけど

それぞれに何か感じるもの

あってくれたと思います。

 

 

 

 

 

でも、今回参加してくれた子に

言いたいのは

この感じたこと

どう行動に落とし込めるか。

もっと大切だってこと。

 

 

 

 

山田選手と会った!!

話聞いた!!すごかった!!

だけじゃなくて。

 

 

 

キミのココロに届いた言葉を

自分自身の言葉にするために

「今」何をしたらいいか考えて

「今」何をするか!!

それが大切なんだ!

 

 

 

 

 

今回、

すぐに参加を表明して

来ることができた子。

試合や練習が入って来れなかった子。

 

スケジュールが合えば参加したいと言って

来ることができた子とできなかった子。

 

行くか迷っていたけど

来ることができた子。

 

行きたかったけど連絡が遅くなって

定員に間に合わなかった子。

 

 

 

 

いろんな子がいました。

 

 

 

 

どうであれ、

来れた子は

きっといい経験ができたと思います。

 

 

 

 

 

 

来れなかった子。の中でもし

行けばよかった。

親御さんだったら

行かせればよかった。

そう思う人がいるとしたなら

本当にもったいないと思うのです。

(物理的に無理だった。というのは別です。

行こうと思えば行けたのに。って人に)

 

 

 

 

現役プロサッカー選手と

こんなに狭い空間で

同じ時間を共有するなんて

これから

もう二度とないかもしれない。

 

 

 

そう思ったら

答えは決まっていたと思うんですね。

 

 

 

そういうチャンスを逃したらいけない。

これからキミに来る

そういうチャンスを次は

必ず掴み取ってもらいたい。

と思っています。

 

 

 

 

 

最後は感謝を込めてメッセージ付き

横断幕を。

 

喜んでくれました!!

この横断幕には来たかったけど

来れなかった子たちのメッセージも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山田大記選手へ。

 

今回はカラダメンテラボKINEに

来てくれている子どもたちのために

シーズン中のプライベートな時間に

ありがとうございました。

 

 

 

 

子どもたちは

キラキラした目で

そして真剣な眼差しで

山田選手の話を一言も漏らさずに

聞こうとしていました。

 

 

 

この時間は彼らにとって財産です。

そして僕にとっても

大きな財産となりました。

 

 

 

 

山田くんが

高校2年の時に出会って、

あの時、少年(青年?)だったキミが

プロサッカー選手になり。

 

 

 

あの時、23歳だった接骨院に勤めていた

僕が開業して。

出会った時から13年。

 

 

 

これだけ多くの子達と関われるようになり

その子たちの目を山田くんが

目の前でキラキラさせる。

 

 

 

まさに夢のような時間でした。

 

 

 

 

そして今回のことで

またひとつ夢が増えました。

ここに参加した誰かと山田くんが

プロのピッチで一緒にプレーすることです。

1人とは言わず、2人でも3人でも。

 

 

 

 

山田くんにはプロサッカー選手として

できるだけ長くプレーしていただき

その可能性が少しでも大きくなるように

していただきたい。笑

 

 

 

これからもずっと応援しています!!!

今回はありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. もこ より:

    なんだか、読んでてジーンとしてしまいました。

    子ども達のキラキラした様子に、先生の言葉に、山田選手のお話に…

    色んな子がいて、先生も山田選手もそんな色んなキラキラの
    子の中の1人だったはず。

    今回幸運にも参加できたうちのサッカー青年も、これからどんな大人になるのだろう?
    この貴重な体験を生かしていけるだろうか?

    残り少ない高校サッカー現役の日々をどのように過ごし、引退の日をどのように迎えるのかな…と、考えるだけで今から涙鼻水止まらない、ダメ母(笑)

    今やるべきことを、しっかり見つめていると信じて応援するだけですね。

    先生、山田選手、本当に貴重な時間をありがとうございました。

  2. Yama-san より:

    毎日ブログへのコメント337日目

    何度も何度も上から下までブログを読みました。

    そして何度も何度もキラキラした子供たちの写真も見ました。

    胸がいっぱいすぎて…

    うまく言葉が見つかりません。

    貴重なあの時間。

    子供たちの背中を見つめていました。背中やチラッと見える横顔からでも興奮と歓喜が十分伝わってきた…

    もうね、写真を見たら。。。

コメントする

コメントを入力してください。

内容をご確認の上、送信してください。

お問い合わせ

お問い合わせイメージ
電話:054-623-8827
予約フォーム
Line

LINE@から予約するとき、2つの方法があります。

① 友だち追加をクリック② QRコードを読み取る
お友達追加LineQRコード
① 友だち追加をクリック
お友達追加
② QRコードを読み取る
LineQRコード

 

ご予約のときは、下記内容をメッセージしてください。

  • お名前
  • ご希望の日にちと時間帯
  • 症状
  • 通がるお電話番号
2018年12月
« 11月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

人気記事

セミナー・講座のご依頼

からだメンテラボKINE ブログ

お問い合わせ

電話番号:054-623-8827

予約フォーム:お問い合わせページへ

受付時間

月火金 水曜日 土曜日 休診日

アクセス

〒425-0045
静岡県焼津市祢宜島608-1

からだメンテラボKINE Facebook

からだメンテラボKINE Twitter

 

 

からだメンテラボKINE サイドイメージイラスト


Googleマップへ

Appleマップへ