お父さんお母さんどちらかと同じ競技をやっているキミへ。

毎日ブログ1555日目。

 

 

 

昨日の4月29日は

柔道ファンにとっては特別な日。

 

 

 

 

全日本柔道選手権でした。

 

 

 

 

柔道少年だった僕も

小学校時代は柔道少年団の

先生と仲間でバスにのって

よく観に行ったものでした。

 

 

 

 

サッカー少年が

長谷部選手や本田選手を観る

眼差しがキラキラしているように。

 

 

 

 

野球少年が

大谷選手や山田哲人選手に観る

眼差しがキラキラしているように。

 

 

 

 

 

憧れの柔道選手の

試合を見る柔道少年の

僕はきっと

キラキラしていたことでしょう。

(あのころから小さい目でしたが。)

 

 

 

 

 

今回の僕の注目は

明治大学4年の小川雄勢選手。

この全日本選手権で

5連覇を含む7回優勝している

小川直也さんの息子さん。

 

 

初優勝を狙う3度目の挑戦は

全日本2連覇中の王子谷選手に

準決勝で敗れ、3位。

 

 

 

 

でも、21歳のベスト4はすごいし、

東京オリンピック

向けて期待したいと思いました。

さすが小川直也さんの息子!!

 

 

 

 

 

閑話休題。

 

 

 

 

 

スポーツ少年少女の中には

お父さんお母さんがやっていた

競技を自分自身もやっている

という子も多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

そのことが

とてもうまくいくケース

反対に競技を嫌いにすら

なってしまうケースも

よくみます。

 

 

 

 

 

うまくいくケース

大きく分けて2つ。

 

 

①お父さんお母さんの経験を

上手に伝えて上達するケース。

(お父さんお母さんがチームのコーチであることも含めて)

 

 

 

 

②反対に経験値はあるけど

チームのコーチに任せて

技術的なことは何も言わないケース。

 

 

 

うまくいかない場合は

他にもあるかもしれないけど

代表的な一つは。

 

 

 

お父さんお母さん自身の経験を

強く言い過ぎてしまうことに

尽きるのではないかと思います。

(思い当たるお父さんお母さんいるのではないでしょうか?)

 

 

 

 

もし、このブログをそんな

お父さんお母さんでみてくれて

いる人がいたとしたら。

 

 

 

 

 

ちょっと言い過ぎてないかな?

求めすぎていないかな?

押し付けていないかな?

と少しだけでも振り返っていただきい。

 

 

 

 

 

彼の夢は彼のものだし。

彼女の夢は彼女のものだから。

 

 

 

 

 

 

そしてスポーツ少年少女には

言い過ぎなんだよ。

求めすぎなんだよ。

押し付けないでよ。

もし思っているのなら、

 

 

 

 

 

それはぜいたくだ!!

 

 

 

 

 

 

キミを思って愛が溢れた

お父さんお母さんの

思いを素直に受け止めよう。

 

 

 

 

 

 

お父さんお母さんは

一生懸命キミにその競技を通じて

良い思いをしてほしいだけなんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちのおとうさんは

柔道は好きだったけど

もともとやっている人では

ありませんでした。(水泳をやってました。)

 

 

だからってのもあるけど

決して技術的なことは

言いませんでした。

 

 

一生懸命やれ。とか

精神的なことでのダメ出しは

よくされました。

 

 

そして大会は

たぶん全部見に来てくれています。

 

 

 

それがぼくにはとても良かった。

だから僕は今来てくれる子に

技術的なことは言わず

(言えないってのもありますが)

精神論を説くわけです。笑

そして試合にはなかなかいけないけど

愛を注ぐわけです。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. もこ より:

    ふむふむ…
    ふむふむ…

    スポーツに限らず、親がやってたのと同じ部活ってのにも、当てはまるなぁと、読ませていただきました。

    うちのおチビ(注;私より10センチ以上大きい)が、私がやってた部活に入ったんだなぁ、コレが…
    グサグサ来る感じだったので、今日はすごくふむふむ…です。

  2. Yama-san より:

    毎日ブログへのコメント171日目

    かつての自分は
    恵まれた環境にいる事、それはとても贅沢な事なんだと気付かなかった…
    当たり前のようにやっていたかも、と思う。
    ブログを読んで双方の事を冷静に考える。
    渦中にいるときにこうして考え、思う事が出来れば、、、
    技術ももちろん精度を上げる事は大切ですが、
    精神面はそれよりももっと重要だと思います。
    競り合って最後に勝利するのはそこの違いだろうなと。

    今度生まれてくる時は
    カラダメンテラボKINEの近所に生まれたい。

コメントする

コメントを入力してください。

内容をご確認の上、送信してください。

お問い合わせ

お問い合わせイメージ
電話:054-623-8827
予約フォーム
Line

LINE@から予約するとき、2つの方法があります。

① 友だち追加をクリック② QRコードを読み取る
お友達追加LineQRコード
① 友だち追加をクリック
お友達追加
② QRコードを読み取る
LineQRコード

 

ご予約のときは、下記内容をメッセージしてください。

  • お名前
  • ご希望の日にちと時間帯
  • 症状
  • 通がるお電話番号
2018年12月
« 11月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

人気記事

セミナー・講座のご依頼

からだメンテラボKINE ブログ

お問い合わせ

電話番号:054-623-8827

予約フォーム:お問い合わせページへ

受付時間

月火金 水曜日 土曜日 休診日

アクセス

〒425-0045
静岡県焼津市祢宜島608-1

からだメンテラボKINE Facebook

からだメンテラボKINE Twitter

 

 

からだメンテラボKINE サイドイメージイラスト


Googleマップへ

Appleマップへ