アンプティサッカー。

2016年6月12日 未分類

録画しておいた先日放送されたテレビ静岡制作の
「折れない心〜アンプティサッカーにかける男たち〜」をみました。
率直にとてもいい番組でした。

焼津市出身の二人のアンプティサッカー日本代表選手。
若杉選手は面識があって、梅原選手は先輩からよくすごい選手だと噂を聞いていました。

やってみることが大事。
これからは下を向くことは絶対にしない。
片足がないから大した人生にならないなんておもうなんてつまんないじゃんね。

胸に突き刺さる言葉がたくさんありました。

その中で番組の最後に言った言葉。

足を失ったことについて問われた若杉選手が
「よかったとさえ思える。」
そう言った言葉です。

いつも来てくれる子たちに、
「起こってしまったことは変えられない。
だからこそ、その出来事をどう捉えるかで全く違ってくる。都合よくポジティブに考えよう。」

そう言ってます。本当にそう思っていますしね。

でも、重さが違いましたね。
よかったと思える。
ではなくて
よかったと「さえ」思える。
足を失ってよかったわけないですもんね。
でもそれでもよかったとさえ思える。
そう思うためにはたくさんのことがあったと想像できます。
いや僕には想像できないな。

重さは違うけど、
そういうことを来てくれている子たちにはわかってほしいから、これからも言い続けます。

杖を使って毎日5キロ走っているという若杉選手。
その話を聞いたら
今朝の10キロジョグは楽に感じました。
頑張っている人をみると、俺も頑張ろう!って思える。
ありがたい番組でした!、

アンプティサッカー(amputee soccer = 切断者サッカー)とは、主に上肢、下肢の切断障害を持った選手がプレーするサッカーである。競技は国際アンプティサッカー連盟(WAFF)が統括しており、日本でのアンプティサッカーは日本アンプティサッカー協会(JAFA)が統括する。
従来のような障害者スポーツに必要とされた専用の器具を必要とせず、日常の生活やリハビリ・医療目的で使用しているクラッチ(主にロフストランドクラッチ)で競技を行うため、足に障害を持つ人々にとっては、最も気楽に楽しめるスポーツとして海外、そして日本国内でも急速に普及・認知度が高まっている。

コメントする

コメントを入力してください。

内容をご確認の上、送信してください。

お問い合わせ

お問い合わせイメージ
電話:054-623-8827
予約フォーム
Line

LINE@から予約するとき、2つの方法があります。

① 友だち追加をクリック② QRコードを読み取る
お友達追加LineQRコード
① 友だち追加をクリック
お友達追加
② QRコードを読み取る
LineQRコード

 

ご予約のときは、下記内容をメッセージしてください。

  • お名前
  • ご希望の日にちと時間帯
  • 症状
  • 通がるお電話番号
2018年12月
« 11月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

人気記事

セミナー・講座のご依頼

からだメンテラボKINE ブログ

お問い合わせ

電話番号:054-623-8827

予約フォーム:お問い合わせページへ

受付時間

月火金 水曜日 土曜日 休診日

アクセス

〒425-0045
静岡県焼津市祢宜島608-1

からだメンテラボKINE Facebook

からだメンテラボKINE Twitter

 

 

からだメンテラボKINE サイドイメージイラスト


Googleマップへ

Appleマップへ