俺、めっちゃ怒ってます。

2019年6月24日 未分類

毎日ブログ1972日目。

 

 

 

土曜日は午後から

テレビでおなじみの林修さんの

講演を聴きに焼津文化会館へ。

 

 

 

 

講演テーマは

「やりたいこと、できること」

 

 

 

 

こんな図を見たことがあるでしょうか?

 

 

 

 

できるできないを縦軸に。

やりたいやりたくないを横軸に。

4種類のケースがあるという図です。

 

 

 

 

 

①やりたくて、できる。

 

②やりたくないけど、できる。

 

③やりたいけど、できない。

 

④やりたくなくて、できない。

 

 

 

 

 

④については全く

考えなくてもいいことで

 

 

 

 

①なら最高。

ってことは誰でもわかります。

 

 

 

 

 

問題は②と③。

②やりたくないけど、できる。

 

③やりたいけど、できない。

 

 

キミならどちらが良いだろうか??

 

 

 

 

 

例えば、

プロサッカー選手になりたい。

プロ野球選手になりたい。

そんな誰かがいたとした時

 

 

 

 

 

やりたい。は満点。

 

できる。

かは確率で言えばかなり低い。

(毎年Jリーガーが何人誕生して

プロ野球選手が何人誕生するかを

考えたらわかるよね?

 

 

 

 

でもそんな誰かがいたとき

僕は本人がやりたい。のなら

その希望を応援します。

 

 

 

 

 

もちろんやりたいことを

できるようになってほしいからだし

 

 

 

 

 

それに

できない。

ってのは自分がいつか

感じれば良いものだから。

 

 

 

 

 

林先生は

塾の先生としても一流。

テレビタレントとしても

もはや一流。

 

 

 

 

そんな林先生は

塾の仕事もテレビの仕事も

本当はやりたくないとのこと。

(えー楽しそうにやっているのに!!

と思いました。)

 

 

 

やりたくないけど

できちゃうんですって!!

②ってことですね。

 

 

 

そんな林先生はこういいました。

 

 

 

 

やりたくてできたら

それが一番いいけど

やりたくなくてもできること

みつけることが大切。

 

 

 

 

なるほどな。

と思いました。

 

 

 

 

ぼくは来てくれている子たちに

夢ってものに関しては

やりたい。ベースに

みつけてほしい。

と思っていました。

(むしろ今も思っています。

できればやりたいことやってほしい)

 

 

 

 

でもできるベースで

考えないと不幸になってしまうかも。

そういう側面もあると感じました。

(もちろんできるできないは

やってみなきゃわからないけど)

 

 

 

 

そういうことも

考えて話をした方が良いとも

思いました。

 

 

 

 

 

 

話は変わって。

 

 

 

 

 

ある競技をやっている

中学生男子が

大会2週間を前にして

ケガをしてしまいました。

 

 

 

 

 

骨には異常はないけど

腫れが強く、痛みもあり

2週間で大会に出るのには

かなりギリギリの状態。

 

 

 

 

のこり1週間になり

あと1週間で

どれだけの回復ができるか?

というところです。

 

 

 

 

 

彼は中学最後の大会。

ほんの少しでもその舞台に立ちたい。

そして僕としても彼を立たせたい。

そう思って施術しているわけですが

 

 

 

 

現状は当然みんなとは

一緒に練習はできる状況になく

やりたい気持ちはわかるけど

そこはぐっとこらえて

いまできること。をやろう。

と伝えてあります。

 

 

 

 

 

そんな中、

顧問の先生が

練習試合に少しでれないか?

と言ってきて

彼は戸惑ってしまったよう。

 

 

 

 

彼はやりたい。

そして先生はやれないか?

と言う。

 

 

 

そうしたら

中学生の彼が心揺れる気持ちは

よくわかる。

 

 

 

 

その先生と

直接話したわけではないから

真意はわからないけど。

 

 

 

 

 

なぜ、

彼のやりたい気持ち。と

いまできること。を

察してあげることが

できないのだろうか?

 

 

 

 

彼は最後の大会に

少しでもそこに立つために

やりたいけど、やらない

選択をして。

そしていまできることを

やってくれたからよかったけど。

 

 

 

 

 

 

今できるはずのないことを

やりたい。という気持ちを

くすぐられてやってしまって

ケガが悪化して

最後の大会に出る可能性をゼロに

したのなら

その先生はどう感じるのだろうか?

 

 

 

 

 

そんな風に

憤りを感じました。

 

 

 

 

僕もそうだし、

先生や監督コーチもそうだけど

特に子どもに接している人は

いろんなことを想定して

 

 

 

 

本人の気持ちも考えて

状況を見てどうすることが

最善か?

そういうことを

問い続けなければいけない。

と改めて感じました。

 

 

 

 

 

僕も考えます。

 

 

 

だから学校の先生や

コーチなど、

子どもたちに関わる人は

考えてもらいたいです。

 

 

 

 

今日は大人に向けてでした。

 

コメント

  1. もこ より:

    なんか、読んでるだけで朝からせつなくて涙がにじんじゃう。

    子ども達に対して、親としてできるのは、やりたいのにできないをいかに少なくしてやるかってことだばかり思って、そこに目が向いていました。

    でも、やりたくないけどできること、つまりできることを増やすことにもっと目を向けてやってもいいんですね…

    そして私の涙の原因、ケガの彼。
    顧問の先生の気持ちもわからなくもないけど、メンテラボに通ってるからそこはダメってのがわかるなぁ。希望を残すならガマンなんだよな…でも、もどかしくて私が悔し涙…
    落ち着け自分。
    そして彼、ケガを大事にね。

  2. かわぐちさん より:

    毎日ブログに毎日返信チャレンジ224日目

    激しく激しく同意っ!!!
    大人なのになぜ理解できないんでしょうか。笑

    彼が最後の大会にどうしても出たくて我慢しているのになぜ煽る!!!
    その為に今時間とお金をかけて治療にあたってる本人と、本人の気持ちに応えようとしている親御さんと治療院の先生の想い
    いろんな人の気持ちをのせて頑張ってる本人になぜそんな事を言うのか…。
    最後の大会って、そんなに簡単なものじゃないじゃん!!!

    でもそれを理解して、断った彼はえらい!!!
    よく我慢しました!!!
    煽られて辛かっただろうに…

    あーなんか泣けてきた(T_T)

    指導に関わる大人は、自分の意見を押し付けないでもっと子供達の気持ちや想いに寄り添いましょう。
    そして間違っても練習試合に出る事を断った彼を、やる気がないなら試合に出さないとか思ったり言ったりしないで欲しい。

    そんな事言ったら…◯○◯◯◯!!!笑

  3. 匿名 より:

    できる、できない、やりたい、やりたくない。
    これ大事ですよね。
    できるけどやりたくないが多い自分は戒めのため書いてデスクに貼りました。
    初心にかえります!

    後記の話、奥深いお話…。
    一昔…やっ、2昔の頃の良かれと思っての考え方、悪意はないんだろうけど、前向きな変化を受け入れて欲しいですね。
    10年後、20年後には木根さんの考え方が当たり前になってるのかも…
    なっていてもらわなきゃダメです。
    でも、それじゃ遅いんだ!
    我が子は今がそのときだから!

  4. のむ より:

    顧問の先生はどのくらいその男の子を見てきたのでしょうか?
    どれだけ問いかけ、気持ちを引き出そうとしたたのでしょうか?

    その顧問の本当の意図が分かりませんが、子供の気持ちを理解しない一方的な指導者が多くて残念です。

    チーム事情など色々あるかもしれませんが、それは大人の都合。

    その時々で状況は変わりますから、チームや個人の課題もそれに合わせて変えるのが自然だと思います。

    その男の子が今なすべき事は治療に専念すること。
    本人もそう苦渋の選択をした事は容易に想像出来ますから、『ツライよな?俺も悔しい。けど、仕方ない。お前の考えを尊重するから、今は本番までに出来るだけベストに近づくように治療に専念してくれ。待ってるよ。』などと言われたら、モヤモヤも少なくなったんじゃないですかね…。

    言葉って大事ですから、子供には色々と問いかけて勇気づけて欲しいと常々思います。

    中体連が近づきました。
    その男の子だけでなく、皆それぞれにベストなパフォーマンスが発揮出来る事を祈ります。

    がんばれー‼︎

  5. のむ より:

    顧問の先生の意図が分かりませんが、子供のへの問いかけや考えを尊重してあげて欲しいものです。

    チーム事情など色々あるかもしれませんが、大人の都合で子供の心をザワつかせないで欲しい。

    言葉は大事ですから勇気づけの言葉と個人の存在と考えを認めてあげて欲しい。

    『お前もツライだろう。俺も悔しい。とにかく今は本番にベストになるように治療に専念しろ。あとは任せろ』なんて言葉だけでも少しは違うと思うんですが…。

    中体連も近いです。
    その男の子だけでなく、皆、良いパフォーマンスを発揮出来る事を祈ります。

のむ にコメントする コメントをキャンセル

コメントを入力してください。

内容をご確認の上、送信してください。

お問い合わせ

お問い合わせイメージ
電話:054-623-8827
予約フォーム
Line

LINE@から予約するとき、2つの方法があります。

① 友だち追加をクリック② QRコードを読み取る
お友達追加LineQRコード
① 友だち追加をクリック
お友達追加
② QRコードを読み取る
LineQRコード

 

ご予約のときは、下記内容をメッセージしてください。

  • お名前
  • ご希望の日にちと時間帯
  • 症状
  • 通がるお電話番号
2019年8月
« 7月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

人気記事

セミナー・講座のご依頼

からだメンテラボKINE ブログ

お問い合わせ

電話番号:054-623-8827

予約フォーム:お問い合わせページへ

受付時間

月火金 水曜日 土曜日 休診日

アクセス

〒425-0045
静岡県焼津市祢宜島608-1

からだメンテラボKINE Facebook

からだメンテラボKINE Twitter

 

 

からだメンテラボKINE サイドイメージイラスト


Googleマップへ

Appleマップへ