「イヤだ」と言える自分も愛そう。

2018年11月24日 未分類

毎日ブログ1764日目。

 

 

 

 

昨日は東京のナショナルトレーニングセンターに

日本陸連トレーナー部の研修に行ってきました。

良い学びができました。

 

 

 

本日はそれに伴い

東京に宿泊しているので

午後14時〜18時までの

予約制で施術させていただきます。

(予約はLINEにてお願いたします!)

 

 

 

今日は研修会の話ではなく

木曜日に行った映画のお話。

 

 

 

高校時代に熱狂した

パンクバンドのハイスタンダード

通称・ハイスタの

ドキュメンタリー映画。

 

 

 

 

 

熱狂したというのは

大げさかもしれません。

熱狂している高校時代の友だちたちが

仲良かったってわけです。

 

 

中央の僕は柔道一直線。

周りの友だちたちは

バンド一直線。

(だったよね?)

 

 

 

 

彼らがハイスタのコピーバンドを

やっていてその影響で

曲を聴くようになりました。

 

 

 

 

映画を見て、

僕の青春の中にも「ハイスタ」

が間違いなくあったんだな。と

実感しました。

 

 

 

 

青春をくれたのは

この友だちたちだったんだな。

なんて思ったら

なんだか、潤みました。

(木根兵ですしね。)

 

 

 

ハイスタは全文英語詞で

その当時はその歌詞の意味は

わからず、でも良い曲だな。

と聴いていました。

 

 

 

 

映画の中では

曲が流れているとき

英語の詞とともに日本語訳の詞が

書かれていました。

 

 

 

 

それを見てドキッとしたのです。

 

 

 

 

英語でわからず聴いていた

熱狂していた曲。

日本語訳を見たら、

あのころ意味はわからずとも

感じていたんだな

感じました。

 

 

 

 

感じていた感覚と

日本語訳が一致していたのです。

(嘘みたいだけど)

 

 

 

 

言葉って言葉じゃないかも

そんな風に思いました。

 

 

 

 

伝えたい気持ちがあれば

伝わることがあるかも。

 

 

 

出川さんもそうだしね。笑

 

 

 

 

その中で印象に残った

というか今の自分とリンクする

内容がありました。

 

 

 

“Smiling faces, crying minds
Safe way to live in this world”
That’s OK, a nice idea
I love me, I can say “No”

Fighting fists, angry soul
Never lose my fighting fists
My dear punks, angry boys
Never lose your fighting fists

 

 

 

「顔で笑って 心で泣いて
これがこの世の安全な渡り方」
まあいいよ いい考えだ
でもオレは「イヤだ」と言える自分を愛してる

戦う拳 怒れる魂
オレは戦う拳を絶対に失わない
愛するパンクス 怒れる男たちよ
お前も戦う拳を決して失うな

 

 

 

 

僕何のためにこの仕事をしているのか?

お金をもらうため?

生活をするため?

 

 

 

もちろんそれもあるけど

その視点だけで、

 

 

お金をいただけるから

「イヤだ」って言えなくなるのは

イヤだな。

って思うことが最近ありました。

 

 

 

僕は施術を通して

スポーツ少年少女に伝えたいことがあるから

この仕事をしているんですね。

 

 

 

だからお金のために

「イヤだ」って言えなくなるのは

イヤなんです。

 

 

 

 

 

でもオレは「イヤだ」と言える自分を愛してる

戦う拳 怒れる魂
オレは戦う拳を絶対に失わない
愛するパンクス 怒れる男たちよ
お前も戦う拳を決して失うな

 

 

 

スポーツ少年少女。

「イヤだ」って言える自分も

愛してあげてよ。

 

 

 

俺はそんな自分を愛しています。

戦う拳を失いたくないからね。

 

 

 

 

 

下記のリンクは、

記念すべき僕の初めての有料記事です。

これを見たら僕の全てがわかる。

(知りたくもないか!!)

よかったら購入して読んでください!!

4万文字あります。↓↓↓↓

https://note.mu/kmlkine1007/n/na2e49495d39b

 

 

このブログを読んでも僕が

「何の仕事をしているのかがよくわからない。」

と思われる方が結構いますので少し説明を!!

 

 

 

カラダメンテラボKINEは静岡県焼津市にて

スポーツ少年少女の

カラダの「メンテナンス」をする施術施設です。

「ケア」という言葉を使った方が

わかりやすい方もみえるかもしれません。

 

 

 

スポーツをやっていると

ケガやケガ以外の痛みで

好きな競技をできなくなってしまう

選手も少なくありません。

 

 

 

「そんな子をなくしたい。」

「スポーツ少年少女の

未来の可能性を広げたい。」

そんな思いで毎日、施術をしています。

 

 

 

もうひとつ当院が心掛けていることは

ココロの部分です。

「メンタル」というやつです。

 

 

 

スポーツ少年少女が道を迷っているとき

少しでもチカラになる言葉や考え方を

伝えられたらと考えています。

こちらのブログではその部分が

全面に出ているものとなります。

 

 

 

僕の本業はカラダ(筋肉)のメンテナンスです。

ココロの部分はここで少しは伝えられますが

カラダは実際に来ていただけないと

チカラになれませんので、

 

 

興味をもたれた方はぜひ一度、

カラダメンテラボKINEへ!!

(予約・お問い合わせはホームページ内の

LINEまたはお電話番号からお願いします)

 

 

 

スマホでみていただいている方は

右上のメニューからまたは

「カラダメンテラボKINE」のロゴを

タップしてホームページをいろいろ見てみてください!!

 

 

コメント

  1. かわぐちさん より:

    毎日ブログに毎日返信チャレンジ13日目

    顔で笑って心で泣いて、それがこの世の安全な渡り方

    うん、よくわかる。笑

    悲しいけれど、安全に渡るためにそうしなくちゃいけない時もありますよね確かに。
    大人になると余計に。笑笑

    でもぜーんぶそれだと人生誰のために生きてるのかわからなくなる。
    ずっと拳を振りかざしてるのも良くないかもだけど、ここは譲れない!とか
    これはこのままにしていたら絶対後悔すると思った時は振りかざそうと思う!

    ハイスタは私も超聴いてました😊
    車でノリノリで聴きながら運転してたなぁ…。
    独身だったあの頃は拳を振りかざしまくってたけど、そう言われてみれば拳を振りかざしてた時の方が楽しかった☺️

    だからこれからも時々拳を振りかざす気持ちを忘れず、顔で笑って心も笑って楽しい人生を送りたいと思います!

コメントする

コメントを入力してください。

内容をご確認の上、送信してください。

お問い合わせ

お問い合わせイメージ
電話:054-623-8827
予約フォーム
Line

LINE@から予約するとき、2つの方法があります。

① 友だち追加をクリック② QRコードを読み取る
お友達追加LineQRコード
① 友だち追加をクリック
お友達追加
② QRコードを読み取る
LineQRコード

 

ご予約のときは、下記内容をメッセージしてください。

  • お名前
  • ご希望の日にちと時間帯
  • 症状
  • 通がるお電話番号
2018年12月
« 11月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

人気記事

セミナー・講座のご依頼

からだメンテラボKINE ブログ

お問い合わせ

電話番号:054-623-8827

予約フォーム:お問い合わせページへ

受付時間

月火金 水曜日 土曜日 休診日

アクセス

〒425-0045
静岡県焼津市祢宜島608-1

からだメンテラボKINE Facebook

からだメンテラボKINE Twitter

 

 

からだメンテラボKINE サイドイメージイラスト


Googleマップへ

Appleマップへ