マラソン大会は誰のもの?

毎日ブログ1524日目。

 

4月8日日曜日は

我が地元のマラソン大会

焼津みなとマラソンです。

 

 

今年も僕も参加します。

 

 

うちに来てくれる小学生も

大人の方も参加する方もみえて

そんな話題が少しずつ

多くなってきました。

 

 

マラソンを走る人もいれば

あそこで応援しているよ!!

と教えてくれる人。

 

 

部活で水を配る

ボランティアをやるよ!!

という中学生もいました。

 

 

走る人。応援する人。

ボランティアする人。(運営する人)

 

 

 

たくさんの人が

絡み合って成り立つんだなぁ。

とまだ大会を迎える前に

思っているわけです。

 

 

マラソン大会が

マラソンをやる人だけのもの

ではないように、

 

 

スポーツ少年少女が

やっている競技も

自分たちだけのものではない

と思うのですね。

 

 

 

 

競技をやるには

どうやったってお金がかかる。

お父さんなのかお母さんなのか

おじいちゃんおばあちゃんなのか

誰かはわからないけど

その人がいてくれるからできる。

 

 

送り迎えをしてくれたり

お弁当を作ってくれたり

朝起こしてくれたり

洗濯をしてくれたり

(うちにメンテに来させてくれたり)

いろんな支えをうけて

成り立っている。

 

 

 

コーチがいるから

技術や精神面を

トレーニングさせてくれる。

 

 

 

その他の人もたくさんの

人が絡み合っています

 

 

 

 

そういう事を

忘れてはいけないと思うんだよね。

 

 

 

逆に

お父さんお母さんのものでもないと

思うし

コーチのものでもないと思う。

 

 

全てがあるから自分があるし、

自分があるから全てがある。

 

 

ラグビーで有名な言葉

all for one one for all 

ってことですね。

 

 

そんなことを書きながら

自分が小・中学生時代を

思い出すと

そう思えてできていなかった。

 

 

 

できてなかったんかい!!

と突っ込まれそうですが

やっと大人になって僕が

わかったこと。

 

 

 

 

小・中学生のキミが

今、理解して

そう感じて競技をできたら

僕はキミを尊敬するなぁ。

 

焼津みなとマラソン

でる人も応援する人も

運営する人も楽しみましょー!!

 

コメント

  1. Yama-san より:

    毎日ブログへのコメント141日目

    反抗的や攻撃的ではなかったけれど、
    当たり前に思ってましたね、いろんな事に感謝する気持ちは…というかそんなに深く考えてなかった。と思われます。
    今はスポーツ全般に低年齢化していて、
    若い選手がトップレベルで活躍してる。
    インタビューを見ていても本当にしっかりしてる。
    当然のことのように感謝の気持ちを述べ、志も高い。
    大袈裟だけど、生まれた時から戦いは始まってるんだなぁと思えてきます。
    それぞれの競技の実力も当然あるだろうけど、最後の最後に勝利を掴むのはこういう事がきちんと出来ている人が勝つんだろうな。
    当たり前か。。

コメントする

コメントを入力してください。

内容をご確認の上、送信してください。

お問い合わせ

お問い合わせイメージ
電話:054-623-8827
予約フォーム
Line

LINE@から予約するとき、2つの方法があります。

① 友だち追加をクリック② QRコードを読み取る
お友達追加LineQRコード
① 友だち追加をクリック
お友達追加
② QRコードを読み取る
LineQRコード

 

ご予約のときは、下記内容をメッセージしてください。

  • お名前
  • ご希望の日にちと時間帯
  • 症状
  • 通がるお電話番号
2019年1月
« 12月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 

人気記事

セミナー・講座のご依頼

からだメンテラボKINE ブログ

お問い合わせ

電話番号:054-623-8827

予約フォーム:お問い合わせページへ

受付時間

月火金 水曜日 土曜日 休診日

アクセス

〒425-0045
静岡県焼津市祢宜島608-1

からだメンテラボKINE Facebook

からだメンテラボKINE Twitter

 

 

からだメンテラボKINE サイドイメージイラスト


Googleマップへ

Appleマップへ