スポーツ少年少女のキミは「当事者」。

2021年4月13日 未分類

毎日ブログ2629日目。

 

 

 

 

プロゴルフの松山英樹選手が

マスターズ優勝。

ゴルフはそこまで詳しくないので

その凄さはゴルフ好きの人に比べると

わからないのですが

 

 

 

 

 

そんな僕でも

「とんでもないすごいこと。」

ということは理解できます。

 

 

 

 

 

こちらの記事では

視聴率の選挙率53.3%ということが

紹介されていて

いかに注目度が高かったかを

表しています。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6390431

 

 

 

 

 

 

先日の水泳の池江璃花子選手の時も

感じましたが、

「スポーツの力」というものが

人々に大きなものを

もたらしてくれることを

改めて感じることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

特にこのコロナの中ですので

自由にどこかにいけなかったり

誰かに会えなかったり

 

 

 

 

 

 

全ての人が

多かれ少なかれ

何かを「制限」して

「我慢」している部分だからこそ。

そういったものに

普段以上に感動したり

感情を揺さぶられるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

池江璃花子選手は日本選手権。

松山英樹選手はマスターズでしたが

スポーツ少年少女にも

これから大きな舞台が用意されています。

 

 

 

 

 

 

 

小学生にも各種大会がありますし、

中学生なら中体連。

高校生ならインターハイ。甲子園。

 

 

 

 

 

 

今自分における

最大の挑戦ができる舞台が

もうすぐ目の前にあると

思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

「スポーツには力がある」

「スポーツには感動がある。」

そういったことを

多くの大人たち

誰かからしか得ることが

難しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

スポーツ少年少女のキミたちは

違います。

 

 

 

 

 

自らが行うことで

その力や感動を体現できる

そんなポジションにいます。

 

 

 

 

 

 

多くのスポーツ少年少女は

高校生でそのピークを迎えます。

 

 

 

大学でプレーできる子は

ほんの一握り。

 

 

ましてプロに行くなんて

雲を掴むようなこと。

 

 

 

 

もちろん

目指す全ての子を

応援していますが

実際に確率的なことを言えば

そういうことになります。

 

 

 

 

 

 

でも逆を言えば

高校生世代までは

自分がやると決めさえすれば

自らが体現できる側に

いることができるのです。

 

 

 

 

 

 

 

これは、

今真っ最中にいると

わかりづらいかもしれませんが

本当に貴重な時間だということを

スポーツ少年少女には

早い段階でわかってもらいたい。

 

 

 

 

 

 

それがわかると

時間の過ごし方も

また変わってきます。

 

 

 

 

 

松山選手や池江選手は

結果が出た時だから

わかりやすく感じるだけで

 

 

 

 

スポーツの力や感動は

何も結果だけで

感じるものではありません。

 

 

 

 

 

 

むしろ、その過程にこそ

意味があって

人生的なことを言えばその過程に

どんな想像だったり創造だったりをできたかが

自分の礎をつくるのだと

僕は思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらから

LINE予約もできますし、

YouTubeもインスタも飛べます!

https://lit.link/kmlkine

 

 

 

 

キャンセルや時間変更について

https://www.kmlkine.com/15400-2/

 

 

 

 

YouTubeをなんではじめたかブログ!!

https://www.kmlkine.com/13462-2

 

 

 

https://www.youtube.com/channel/UCVEbQHkvJ0ReeNosMXRjeEA?view_as=subscriber

 

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=byCyvWWRV2M&t=334s

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. HAZUKI より:

    自分に残されている時間は自分が思っている以上に短いのではないかなと思いました。中学校の間で残された時間は約3ヶ月間で、できることは限られています。大会も中体連も含め2つのみです。3ヶ月という短い時間の中で自分たちができる最大のことをしていきたいなと思いました。中体連という大会だけでなく、それまでに何ができるかしっかりと考えて過ごしていきたいです。また、自分たちが今まで行ってきたことを1、2年生に残せるように取り組んでいきたいです!

    365日毎日チャレンジ  356日目

コメントする

コメントを入力してください。

内容をご確認の上、送信してください。

お問い合わせ

お問い合わせイメージ
電話:054-623-8827
予約フォーム
Line

LINE@から予約するとき、2つの方法があります。

① 友だち追加をクリック② QRコードを読み取る
お友達追加LineQRコード
① 友だち追加をクリック
お友達追加
② QRコードを読み取る
LineQRコード

 

ご予約のときは、下記内容をメッセージしてください。

  • お名前
  • ご希望の日にちと時間帯
  • 症状
  • 通がるお電話番号
2021年5月
« 4月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

人気記事

セミナー・講座のご依頼

からだメンテラボKINE ブログ

お問い合わせ

電話番号:054-623-8827

予約フォーム:お問い合わせページへ

受付時間

月火金 水曜日 土曜日 休診日

アクセス

〒425-0045
静岡県焼津市祢宜島608-1

からだメンテラボKINE Facebook

からだメンテラボKINE Twitter

 

 

からだメンテラボKINE サイドイメージイラスト


Googleマップへ

Appleマップへ