思春期の子が何でも話すようになるコツ。

2018年1月21日 未分類

毎日ブログ1456日目。

最近はちょいちょいこちらに
書いているように
高校受験を控える中学3年生に対して
「面接」練習を勝手にやっています。

そこで重要なことに気がついたのです。

中学3年生・15歳といえば
思春期真っ只中。
何を聞かれてもめんどくさい。
うるさいなぁ。と
思いがちなこの時期。

にも関わらず、
僕の質問にほぼ全て答えてくれます。
(答えようとしてくれます)

いつもなら
もういいよ〜。

普通。

なんて返ってきますが。

いや、今でもそうですが
はい。その面接じゃ高校受からないな。笑
と言うと
思考をはじめます。
そして絞り出し答えようとします。

閑話休題。

何かをやるには
やりたい!!という本能的な感情か

やらなきゃ。やるべき。という
必要性が必要になってきます。

高校受験が目の前にあった
そも高校には合格したいから
普段だったら答えるのが面倒なこと
でも面接でうまく行くためには
必要なことだから。
となるわけです。

先日、初めてきてくれた
スポーツ少年をメンテナンスを
していると
ハリが強く少し押すだけでも
痛みを強く感じていました。

この少年は現在は
痛いところがなく
親御さんの希望で
いつもスポーツを快適に
やるために
メンテに連れてきてくれました。

親御さんが感じている
「必要性」
この少年に感じているか
どうかが大きなポイントだと
思いました。

だって、
今は痛くなく不便なく
プレーできているのに
知らないところに来て
痛いことされる。

これだけ見たら
とんでもなく嫌なところですよね?笑

だから最後に
彼に言ったのです。

お父さんお母さんは
〇〇くんがいつも思い切り
プレーするために、それができるように
メンテナンスも必要だと思ったんだよ。
そういうことをわかってメンテをするのか
ただ連れて来られるからやるでは
大きな違いがあるから
わかっとこうぜ。と。

彼は
〇〇(競技名)のために頑張る!!

そう言ってくれました。
こんなの意味あるの?
そう思って何かをするのと
これは自分にとって必要なことだ!!
と思って何かをやること
その意味や質は雲泥の差になります。

中学3年生のお子さんを
お持ちの親御さん
今が子どもさんの考えを
引き出す、確認するチャンスです!!

だって今彼らには
面接の必要性があるから。
タイムリミットは
あと2ヶ月弱。
早めに質問責めをしてください!!笑

コメントする

コメントを入力してください。

内容をご確認の上、送信してください。

お問い合わせ

お問い合わせイメージ
電話:054-623-8827
予約フォーム
Line

LINE@から予約するとき、2つの方法があります。

① 友だち追加をクリック② QRコードを読み取る
お友達追加LineQRコード
① 友だち追加をクリック
お友達追加
② QRコードを読み取る
LineQRコード

 

ご予約のときは、下記内容をメッセージしてください。

  • お名前
  • ご希望の日にちと時間帯
  • 症状
  • 通がるお電話番号
2018年12月
« 11月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31 

人気記事

セミナー・講座のご依頼

からだメンテラボKINE ブログ

お問い合わせ

電話番号:054-623-8827

予約フォーム:お問い合わせページへ

受付時間

月火金 水曜日 土曜日 休診日

アクセス

〒425-0045
静岡県焼津市祢宜島608-1

からだメンテラボKINE Facebook

からだメンテラボKINE Twitter

 

 

からだメンテラボKINE サイドイメージイラスト


Googleマップへ

Appleマップへ